入れ歯の知識

部分入れ歯とは?

部分入れ歯の適応

部分入れ歯は、抜歯後の粘膜に人工歯のついた床を乗せて支え、残った歯に「バネ(クラスプ)」をかけて安定させるもので、欠損が1本だけの場合から、歯が1本しか残っていない場合まで対応できます。
バネをかける歯を「鉤歯」、または「維持歯」といいます。ブリッジが抜いた歯の両隣の歯(支台歯)を多く削って被せるのに対し、部分入れ歯は鉤歯を少し削るだけですむのが利点ですが、ブリッジに比べて安定性が劣る、バネなどによる違和感があり、食べ物がつまりやすいなどの欠点があります。
そのため、一般に部分入れ歯が選択されるのは、ブリッジで対応できないケース(連続した欠損歯が多数ある場合など)や、ブリッジが可能でも患者様が「歯を削りたくない」と要望されたときです。

部分入れ歯の形

部分入れ歯は、前歯・奥歯、両方のものがあり、形は当然違いますが、仕組みは全く同じで、歯が抜けている部分の両側の歯に金属製の型で固定するようになっています。部分入れ歯になっているところは、総入れ歯と同じくプラスチックなどで作ります。

部分入れ歯の費用

部分入れ歯も入れ歯の一種ですから、総入れ歯と同様に、保険がきく部分入れ歯と自費で入れる部分入れ歯があります。当然、自費で入れる部分入れ歯のほうが高いです。しかし、総入れ歯ほど高額にはならないのが普通です。

部分入れ歯のメリット

総入れ歯に比べて、部分入れ歯には大きなメリットがいくつもあります。

健康な歯はそのまま残っている

総入れ歯の場合は、状況によっては健康な歯を抜くケースもありますが、部分入れ歯の場合はそのようなことにはなりません。あくまでも歯のない部分だけが入れ歯になりますから、通常の歯がちゃんと残ります。

調節が容易である

総入れ歯の場合は、年月とともに口が変形し、入れ歯が合わなくなると作り変えなければならなくなりますが、部分入れ歯の場合は、仮に口が変形して形が合わなくなったとしても、部分入れ歯を調節することによって、その後も同様に入れ歯として使うことができますので、費用の負担も少なくなります。

総入れ歯よりもしっかり固定できる

総入れ歯は、口の中に固定するための部分がないので、入れ歯と歯茎の吸着力だけが頼りですが、部分入れ歯の場合は固定されている自前の歯に引っ掛ける形になっているので、口の中でずれたり、違和感が起こったりするケースが少なくなります。

診療時間のご案内

外観

ご予約・ご相談はお気軽にどうぞ:06-6723-4182

平日 9時~12時 / 14時~19時、土曜 9時~12時 / 14時~18時、休診日:日曜・祝祭日

近鉄大阪線「長瀬駅」徒歩2分

  • 無料メール相談
  • ご予約

当院のこだわり

医院案内

治療例

治療費

保証・メンテナンス

保険義歯と自費義歯の違い