入れ歯の知識

入れ歯(義歯)とは?

入れ歯(義歯)とは

健康保険適用の保険義歯と健康保険適用外の自費義歯の2種類があり、診療内容や義歯に使用される材料の違いによって分けられます。

有床義歯には部分床義歯(部分入れ歯)全部床義歯(総入れ歯)があり、部分床義歯は1歯欠損から1歯残存までの症例に使用される義歯の事を言い、全部床義歯は残存歯が全く無い症例に使用する義歯の事です。

入れ歯の構成

全部床義歯(総入れ歯)

総入れ歯は床(しょう)と呼ばれるピンク色の土台(合成樹脂)の上に人工歯が並んでいます。

床(しょう)とは

歯の土台となる部分を床といいます。床は、主にレジンと呼ばれる合成樹脂(プラスチック)だけで作ったものと、レジン+金属(金合金・チタン・コバルトクロム・白金合金など)で作ったものがあります。床の部分は入れ歯の土台となり、直接長時間粘膜に触れるので、入れ歯を作る際にはとくに重要になる部分です。

レジン床義歯と金属床義歯

人工歯とは

人工歯とは、人工的に作られたのことです。人工歯にはレジンで作られたものやセラミック(陶器)で作られたもの、金属で作られたものなどがあります。人工歯は主に、義歯ブリッジインプラント上部構造などの補綴物の一部として使用されます。

部分床義歯(部分入れ歯)

床・人工歯・クラスプ・レスト・連結子等から構成されており、「部分入れ歯」といわれるものです。

クラスプとは

クラスプとは、部分床義歯(部分入れ歯)の構成成分の1つです。クラスプを支台歯に引っ掛けることで、義歯を維持・安定させます。また、クラスプには「レスト」という小突起が付いていることがあり、これを支台歯に形成したレストシートと適合させることで支台歯に咬合力を負担させたり、義歯の回転を防止することが出来ます。クラスプはその製造方法により、キャストクラスプワイヤークラスプに大別されます。

連結子とは

大連結子と小連結子があります。

大連結子 部分床義歯の構成要素のひとつで,離れた位置の2床または床と維持装置を連結するもののことです。一般に金属製のバーまたはプレート(パラタルストラップ等)を指します。
小連結子 大連結子又は義歯床と維持装置を連結する部分のことです。垂直に設計する場合は歯肉縁から5mm以上,水平方向に設計する場合は3mm以上離して,歯肉縁を保護する必要があります。

診療時間のご案内

外観

ご予約・ご相談はお気軽にどうぞ:06-6723-4182

平日 9時~12時 / 14時~19時、土曜 9時~12時 / 14時~18時、休診日:日曜・祝祭日

近鉄大阪線「長瀬駅」徒歩2分

  • 無料メール相談
  • ご予約

当院のこだわり

医院案内

治療例

治療費

保証・メンテナンス

保険義歯と自費義歯の違い